HOME > 

h1images

貿易会社や旅行代理店では海外企業が取引先の場合が多い

英語を使ったアルバイトをしたいのならば、事務の仕事がよいでしょう。

事務の仕事ですと、書類などを作成したり、電話などの応対をしたりする仕事です。
取引先が国内の企業ばかりが相手ならば、英語を使う機会は無いのですが、貿易会社や旅行代理店では海外企業が取引先の場合が多く、英語を活かした仕事をすることが出来ます。英文のメールをしたり、英語の書類を作成したり、英語での電話の受け答えをしたりします。ですので、英語を使った日常会話がかなり出来る必要がありますし、英語のビジネス文章となるとかなり読み書き出来る必要があります。

仕事イメージ

英語を扱う事務職には、貿易事務がありますが、貿易事務の場合は、本格的に英語を用いることになりますので、英語が相当のレベルで使えないといけません。また事務作業をするわけですので、ExcelやWordなどのパソコンのスキルも求められるのです。英語を活用する事務仕事ですと、企業ごとに必要な英語力が違います。ですので、英語に自信がある場合以外は、最初は英語での業務が少ない企業で働くとよいでしょう。その企業で仕事で英語を使うことに慣れつつ、Wordなどのパソコンソフトの操作にも慣れていくことが必要です。

仕事で英語を用いつつ、独学をするなどして、英語をさらに勉強していくとよいでしょう。英語力が高まってから、英語での仕事がさらに多い企業で働きます。その企業での仕事もこなせるようになったら、さらに英語の実力が必要な企業で働き、最終的に貿易事務のアルバイトをすれば、高収入が得られるようになりますし、英語を使用して活躍出来る、非常にやりがいのある業務が出来るようになるのです。アルバイトで実力を示すことが出来れば、正社員として採用されることもありますし、仕事自体も魅力的ですので、英語を扱う事務の仕事というものは、非常によい仕事であると言えます。
英語を用いて働くのでしたら、事務がおすすめ出来ます。

仕事イメージ